FXと税金の関係

FXにおける税金対策は、FXをする際の口座の開設の際に行うことが可能です。

そもそも、FXというのはネット上に口座を開設してそれを利用することによって取引をすることになりますので、
直接的に誰かを目の前にして取引を進めていくものとは少し異なっています。

ネット上ですべての取引を行うことが出来ますので、
世界中で人気を集めるお得な取引になっているのです。

もちろん、ネット上の取引とはいえ一定以上の利益を上げると
その利益に対しては必ず税金がかけられますので、
きちんと計算をして税金を支払わなくてはいけません。


しかし、
FXのこの税金の計算はかなり複雑で利益と損失をきちんと管理して
確定申告として提出しなくてはいけません。

中でも計算が面倒になってしまうのは、副業としてFXをしているような場合です。

副業で投資をしている場合には、
主たる職業としてなにか違う仕事をしていることになりますので、
その仕事とのバランスを考えて確定申告をしなくてはいけない性質があります。

会社の中には、副業をすることを認めていない会社も非常に多く、
これは税金問題がややこしくなってしまうからにほかなりません。

ですから、対策としてきちんとどのような申告方法を採用するのかを
事前に決めておくことが重要になるのです。


FXで申告をする際に最も簡単な方法は、
利益を確定した瞬間に税を計算してそれを支払う方法です。

実は、このような方法がFXには用意されていますので
これを利用することによって誰でも簡単に利益や損失を管理して
計算しなくても取引をすることが出来るようになります。

こうした特殊な取引ができる口座のことを一般的に特定口座といいます。

特定口座の取り扱いに関しては非常にわかりやすく、
特定口座落として区分されている口座の開設を最初の段階でFX業者に依頼するだけです。

業者に対して依頼をすると、
1週間程度で口座の開設の報告がありますので
後はこの口座の中に現金を入れて取引を行えば、
取引によってどれだけ多くの利益を得たとしても後から申告をする必要性はなくなります。


特定口座のメリットは、
副業で行っていたとしても会社にバレることなく
取引を進めていくことが出来る点にあります。

後から確定申告をする必要がなくなりますので
税に関して面倒なトラブルが生じることもありません。

もちろん、全ての税の管理を自身で行うことが可能な口座の開設もできますので
FXをする際には自由な方を選択すると良いでしょう。